不動産売却

不動産売却 一括比較アスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産会社が査定額を算出するために行う査定方法は一つではありません。「訪問査定」と「机上価格査定」を使い分け、査定額を決定しています。

 

 

 

現地で、直接物件を確認して査定を行うことを訪問査定といい、反対に、机上価格査定では、物件の各種データのみを根拠にして査定額を決定します。

 

物件の築年数や間取りといった情報や、土地相場、類似物件の販売経験などにより査定が行われます。
机上価格査定では訪問査定で算出される査定額ほどの厳密性は出せませんが、目安にするのには問題ないでしょう。

 

バブル期に建てられた築30年ものの戸建などかなりの築年数の家を売却する際でも、最近はリノベ目的で探している人もいるので、昔より売却が可能になってきました。
それから、昔の家はゆったりした間取りが特徴ですから、シェアハウスとして使えるよう改築したいという買主が増えているのも事実です。

 

 

あらかじめ建物診断検査を受け、沈みや傾斜など建物の状態が健全であることが証明されていれば、より有利な取り引きができるでしょう。普通、不動産査定については二種類の方法があります。仲介業者が現地へ赴き、直接査定ポイントを目視した上で査定結果を決める「訪問査定」という方法と、物件を直接確認することなく、それまでの取引歴や土地相場、さらに物件そのもののデータを参考にして見積もりを出す「簡易査定(机上査定)」の二通りがあります。
訪問査定は、その査定方法のために時間が必要になりますが、査定結果には信憑性が置けるでしょう。

 

査定結果が出るまでが早いのは簡易査定ですが、精度の高い査定は期待できません。

 

最近は一括査定サイトなどで簡単に不動産査定ができますが、個人として会社に査定をお願いするのならば、登記簿謄本は欠かせません。登記簿謄本の入手には手数料がかかるので、古いものでも会社によっては受け付けてくれるでしょう。

 

 

 

でも、正しい査定額を出してもらいたければ、きちんと発行し直してもらうことをおススメします。登記簿謄本以外にも、固定資産税評価証明書、登記識別情報や登記済権利書といった権利書が必要になりますから、揃えておいてください。
ローンの返済が済んでいないのであれば、建築設計図や土地測量図、そしてローン残高証明書も必要なので、全ての書類を揃えて査定に申し込みましょう。あなたがさて、一戸建てを売却しようとする時、仲介してもらう不動産屋を選ぶと思いますが、最初にその不動産屋の得意分野を調べてみましょう。
一戸建ての売却の実績が多かったり、逆に、マンションの売買は他社よりも実績があるという不動産屋もありますので、自分が何を売却したいかによって不動産屋を選びましょう。それに、一戸建てを売却する場合、一括査定サイトを使うと役立ちます。
たくさんの不動産屋へ同時に依頼できて、売りたい物件の相場がわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却では一般に知らないような内容も多いことから、ベテランの手ほどきを受けるのが合理的ではないでしょうか。例えば、仲介だけではなくコンサルティング業務もカバーしている不動産会社も少なくありません。
専門家独自の視点で物件の価値を所有者に指摘してくれたり、なるべく高額に買ってもらう術を指南してくれるでしょう。

 

 

 

コンサルティングは無料で行ってもらえることもあるので、考慮に入れてみてください。

 

不動産売却に際してかかる税金の中で譲渡所得税と住民税には特に気を配りましょう。

 

 

物件売却で利益が出れば、これらは必ず負担しなければならない税金となります。

 

ですが、住居だった物件の売却なら、特別控除額が3000万円あります。

 

 

 

あわせて、こうした税金は課税方法が所有していた期間によっても変わってきますので、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。

 

 

マンションや戸建ての不動産物件を売却するのなら、不動産会社と媒介契約を結ぶケースが大半ですが、媒介契約には三種あり、その一種が専任媒介契約です。

 

 

 

これを選んだら、該当物件の売却は専任媒介契約を交わした業者限定で仲介できるようになります。

 

しかし、例外にあたる事例もあり、契約を結んだ売手が独自に買手を探し出し、本人同士だけで交渉し、売買契約に至っても、この契約には違反しないのです。

 

 

 

この部分が専属専任媒介契約を選んだ時との違いです。
不動産売却で融資利用の特約等が付されていて条件が不成立の場合に、契約によって生じる約定解除権を行使できることを白紙解除と呼んでいます。
白紙解除の場合、買主から受領した手付金を買主に対し全額返還することが必要です。普通は受領済みの金額を返還することで足りるのですが、もしも契約書に無利息での返還と提示されていない場合、利息も付さなくてはいけない場合もあるため、留意する必要があるでしょう。言葉の通り、不動産物件は売るのが大変で、売却段階にかかる費用も様々あります。

 

 

主要なものとしては、仲介業者に対して必要な仲介手数料、不動産登記に関連する書類作成で司法書士に払う報酬、それから、譲渡税、住宅ローンを完済していない物件ならば繰り上げ返済費用もです。
仲介業者を選ぶ段階で、精一杯、仲介手数料を少額にすることがコスト削減に有効でしょう。

 

 

 

所有者が一人ではなく数人の人が名義人となっている不動産物件は、金銭の支払いを受けて他に譲渡する際には、その前提として名義人となっている共有者全ての同意を取り付ける必要があります。売却には売主の実印及び署名が必須とされているますが、所有者が複数いる場合にはその全員分につき必要となり、名義人の中の誰かが単独で売りに出すことは認められていません。

 

その人の持ち分に関しては売買契約を結んでも効力があるとされていますが、通常は名義人となっている人全員が共同して購入者との間で売買契約を締結することになります。普通は、不動産物件を売る際の入金というのは、とりあえずは手付金、問題がなければ中間金、最後に最終金を払うというパターンが多いでしょう。期間として流れを追うと、手付金を入金した約一ヶ月後に中間金を入金、その後、三ヶ月ほどの間を開け、最終金の入金です。

 

といっても、トータル支払額の中で占める割合は大きく異なり、そのほとんどが最終金で支払われるのが慣例です。初めの手付金は現金でのお支払いもなくはないのですが、盗難や紛失、払った払わないのいざこざを防止するため、どれも売却主の指定口座へと支払うケースが大多数です。もし、共同名義の不動産物件の売却を考えているなら、委任状がないと売却ができません。こうしたケースにおいては、取り引きに参加する代表者に、その他の名義人全てが取り引きを代表者が行うことを承諾する(委任する)という同意の旨を委任状にして提出しておくことになります。

 

この委任状は無期限で有効なので、一旦受領すれば売買が成立する最後まで大丈夫です。
名義変更というのは、不動産物件の売買では必須となるわけですが、その時には、物件の売主側では、登記済権利証、そして、取得してから3か月以内の印鑑証明書を必要です。原則として名義変更は決済と同日に法務局まで出向いて行います。名義変更を行う時には、印鑑証明(なくした場合には登記済権利証の対策費も)の取得費、それにプラスして、登記事項証明書代、登録免許税がかかるでしょう。

 

 

固定資産税の1000分の4と定められているので、登録免許税の金額は予め計算しておけるはずです。

 

 

不動産を売却する際、権利書の提出が必須です。

 

 

 

そもそも権利書の持つ役割とは、その土地が登記されていることを証明することであり、正確な名称は登記済証というものになります。

 

万が一の際、例えばそれを紛失したり、文字が読みづらくなってしまっても再発行は不可能です。

 

 

 

ただ、弁護士の先生、土地家屋調査士、司法書士を代理人として立てることで、確実に本人だと確認できる情報を提供したら対処できます。

 

利益が生じた不動産売却については、譲渡所得税が課税されるケースがあります。

 

 

売った不動産の所有期間が5年より長い場合の譲渡所得税は、所得税と住民税がそれぞれ15%と5%の割合で計算されます。そして、所有期間が5年以下だった場合は2倍の税率で納めます。いつ頃納税すればいいのかというと、売却が行われた翌年2月16日から3月15日までの間に所得税を一括で納付し、一方、住民税は四半期ごとの納付に分かれています。

 

任意売却というのは、債務超過状態に陥ってしまった物件を売る場合を指す名称で、略称は任売です。この任売を行えば、残りの住宅ローンが減って、今までほどキツイ思いをしなくても返済することが可能になるはずです。
ですが、相手との交渉には専門知識と交渉力がいるため、成功させたいなら、弁護士、もしくは、司法書士に依頼しましょう。
一般的には残りのローンを完済しなくては、その不動産を売ることは出来ません。

 

 

支払い残高をゼロにできなくて、やむをえず売却しなければならないときには、選択として任意売却という方法が存在します。
実績の豊富な会社に任意売却をまかせると成功しやすいですから、とりあえずは詳しく話をきいて、納得できたら依頼して、自分では難しい債権者との交渉を代行してもらうのがすんなり解決する選択でしょう。オープンハウスとなっている物件は、売り出し中に室内も含めて見てかまわないというのがモデルハウスと異なる点です。住んでいる人がいるままの物件の売り出しでは家財道具が残されているでしょうが、そのおかげで自分が住んだときの雰囲気が掴みやすいという面もあるでしょう。さらに、家と一緒に近辺もぶらぶらすることで、利用しやすそうな立地のお店のことなど生活する上での条件もあらかじめ把握できます。
通常通り不動産売却をするとなったら、最初に不動産会社に話を持ちかけます。それから、じっくりと物件の調査が行われ、査定額が出てきて、媒介契約を結ぶ不動産会社を決めます。
不動産会社が販売活動を行い、購入したいという人物が現れれば、必要に応じ価格交渉が行われてから売買契約となり、決済が済んだら売却物件の抵当権を抹消しておき、買主に物件を引き渡すまでに中を空けておきます。

 

一軒家などを売却するケースでは、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。
境界確認書を求められたら、その土地の権利者が立ち会って土地家屋調査士が「土地境界確定測量」を行って、境界確認書を作成することになります。この書類が必要になる理由としては、買おうとしている土地とよその土地の区切りがきちんとわからない際に、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、購入地の周りの土地の権利者と境界のことでトラブルになってしまうのを回避したいという思惑があるのでしょう。代表的には、競馬や競艇での的中時の払戻金だとか、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などがある、継続的に入ってくる収入以外の臨時的な収入は一時所得に分類されます。不動産売却による収入も一時所得となりそうですが、これは譲渡所得といい、別の区分になります。

 

所得税を算定する時も一時所得とは別枠で計算します。場合によっては特例が適用されることもあるので、忘れずに確定申告を行いましょう。不動産物件をすぐに使えるお金にできることが、家を売却する上で1番の利点となります。そして、売ろうとしている物件にかけた地震保険料や火災保険料、貸付の保証料などはまだ残りの期間があれば、その分だけ返却されます。

 

 

 

これは売却完了の際、なんの手続きもなしには返してもらえず、自分で手続きをします。
売却が決まった場合には、すぐに契約している会社に連絡を入れると忘れずにすみます。

 

ほとんどのケースでは、不動産物件を売りたい時は、仲介業者を選んで、媒介契約します。この契約は条件が違う3種類があり、もし、専属専任媒介契約を選ぶと、制限の多さに後悔したくなるかもしれません。
不動産業者との専属専任媒介契約では、契約した業者だけがその物件を仲介できるという制限があります。それに、この契約をしていたら、条件のいい買主を周囲の人の中から探しだしても、当人たちだけの契約は制約違反にあたりますから、必ず契約済の業者に仲介してもらわなくてはいけません。
もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数のことがどうしても気になるでしょう。
築年数が売却価格に影響を与えるのは事実です。例を挙げると、築10年が経つ戸建ては多くが建物の査定価格はゼロということになり、通常は土地の価格のみになるはずです。そして、マンションも同じく築年数が浅ければ浅いほどベターですから、戸建てと同じく、ひとつの基準として築10年が挙げられます。

 

家などの不動産を売りたい人は、その時に必要なものとして印鑑証明と実印があげられます。所有権移転登記を行う際に法務局に持っていかなければなりませんから、不動産を購入する側の人は両方とも不要です。でも、ローンで支払うなら違います。

 

 

この場合に限りローン会社では印鑑証明、それと、実印を持参しなければなりません。
なお、連帯保証人が必要なケースでは必ずその連帯保証人の印鑑証明と実印がいります。さて、新居を購入と同時に住宅ローンを組むならば、出資は住宅が建てられてから開始するのが普通です。つまり、購入した注文住宅の建築が始まって終わるまでの間に工事の着工金などの費用が必要になれば、自力で必要額を用意しなければなりません。
それまで住んでいた物件の売却金を使える場合はなんとかなるでしょうが、まだ売り出し中という場合もあるでしょう。つなぎ融資とは、そうした場合に短期的な融資が受けられるものです。不動産売却を検討するなら、大抵は価格査定を不動産業者に申し込むところから始まりますが、清潔でキレイな状態に整えてから査定をしてもらうのが肝心です。
マンションの場合は特に、キレイにされているとよいイメージを持たれやすくなります。さらに、事前に購入希望者が中を見たいと言ったときも忘れずに清掃することと、見せ方の面でも広く感じられるよう極力不必要に物を置かないでおきましょう。
周りの不動産物件の相場を把握した上で不動産売却に臨むというのは必須条件でしょう。

 

 

と言うのは、相場を知らないまま査定額を聞くとそれが本来の価値に不相応なものでも承諾してしまって、多大な損失を生むリスクが考えられるためです。

 

 

さらに、大体の物件価格の相場がわかっているかどうかというのは交渉の時にも重宝するはずです。

 

 

 

少しでもたくさんの情報を手に入れるよう努めましょう。

 

 

売価が3000万円より安く不動産物件を売った場合だと所得税、住民税の課税対象から外してもらえるという特例が存在します。この特例は、不動産物件を売った時の価格から3000万円が特別控除になるというものです。さらに、不動産物件の買い換えを行い、売却価格が安すぎて売却損が出たら、それ以外の所得と合計して、損益通算の適用を受けられるので、損失を少しは取り戻せるかもしれません。ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを5年を超えて所有していたこと、それに、新しく契約した住宅ローンの支払期間が10年以上のケースです。

 

 

目一杯の価格で不動産売却を行うには、複数の不動産業者から査定額を聞くことです。

 

驚くほど業者間で査定額に開きが出ることも頻繁に見られます。

 

 

 

それから、専任媒介契約にするのがいいでしょう。

 

宣伝に費やす予算が一般媒介では専任媒介より少ないため、購入希望者があっさりとは見付かりません。さらに、専任媒介の場合では定期的に依頼主に状況を報告することが義務づけられています。

 

巨額の取り引きともなりうる不動産売却では、なかなかに経費も必要です。まず支払いが必要なものとして不動産業者への仲介手数料がありますが、物件の売却価格次第で高額になってしまいますし、売却によって利益を得た場合は譲渡所得税が賦課されることもあるでしょう。取引の関連書類の作成費用や印紙代も必要です。

 

 

加えて、自分が住んでいる物件の売却ならば、引っ越し費用も加味する必要があるでしょう。ある日、「売却したい」と思い立っても、不動産物件の場合はそう簡単には購入者が見つけられないものです。では、実際、不動産売却の平均期間は何ヶ月くらいなのでしょう。

 

一般に、マンションの場合で、84日ぐらい、一軒家は平均6ヵ月です。

 

 

しかし、あくまでも平均でということなので、この期間内に売れるとは限りません。

 

 

 

売却しようと日程を考えるなら、そこも考えなくてはいけません。

 

内覧というのは、不動産売却では、売れるかどうかの重要なポイントになるでしょう。
忘れがちですが、売手が大切にすべきなのは、購入を検討しているつもりになって、物件の印象を確かめることなのです。一部の例外を除いて、買い手側から求められているのは、キレイで明るく広い物件であることは間違いありません。

 

その物件の良さがしっかり伝わるように念入りな掃除に加えて、不要品の処分といった少しでも印象アップに役立ちそうなことは全部やると後悔しません。

 

 

急いては事を仕損じるとはよく言いますが、殊更不動産売却の場合は高額な取引になるため、手間暇を惜しまずに検討していくべきです。

 

最も注意しなければいけないこととしては、質の悪い不動産会社を避けなくてはならないという点が挙げられます。仲介契約を締結しているはずが売ろうという姿勢が見えなかったり、必要以上に値切って買おうとするようなところもありますので、留意して業者を選びましょう。わずかでも怪しげなところを感じたなら、契約を見合わせるべきです。